(UFO)の現象学

未確認飛行物体の情報を整理しご紹介。併せて、主に英語文献で使われている表現について学びます。(The Phenomenology of UFO)

コロナ×UFOで人類の新時代が幕あけか?

この記事(本ブログの最初の記事)は、2020年5月24日に書いてます。明日(25日)にも、コロナ禍による緊急事態宣言が首都圏でも解除されるのでは…という状況です。

 

マジで長かった…(⇐3月初旬から順次、子供3人ともども軟禁状態ですぜダンナ)。

 

振り返るには少し気が早いかもしれませんが(解除が確定していないし、アベノマスクも給付金も何も来てないしな…爆)、この憎きコロナ自粛期間に人類が得た最大級の情報の一つは、以下の動画ではないか。

 

 

 

正確に言えば、2004年および2015年に撮影された当該ビデオ(3本)が、すでに2007年と2017年に相次いでリークされていたのを、ペンタゴンがこの度「実在する動画である」と認めた、ということです。

 

日本でもマスメディアやインターネットで情報はだいぶ拡散していると思います。周辺情報も含めて大変興味深い。以下、いくつかリンクしておきます。

 

www.huffingtonpost.jp

 

www.bbc.com

 

なぜ(コロナ禍で世界が苦しんでいる)この時期に認めたのか? 単なる偶然なのか? は分かりません。でも、コロナという人類未曽有の危機で大炎上しているところに、新たなガソリンタンクを投げ込まれたかのような印象を持ったのは、俺ちゃんだけではないでしょう。

 

コロナウイルスや類似のウイルスに対し、全人類が共同して対処する必要があるのと同様、ペンタゴンさえも「???」となってしまう未確認飛行物体(UFO)の謎解きをするのも、また人類全体の課題なのかもしれません。