(UFO)の現象学

未確認飛行物体の情報を整理しご紹介。併せて、主に英語文献で使われている表現について学びます。(The Phenomenology of UFO)

アーンショウの定理と磁気浮上ゴマ

で、空き容器の皿がUFOっぽいので(当然だけどw)、ここに100円ショップの磁石を仕込んで浮上させ、くるくる…と回したいな、と思ったのです。

 

f:id:vrenglish:20200602195239j:plain

 

昨日、100円ショップの「ダイソー」で2種類の磁石(よく見かけるフェライト磁石でいいんですよね、この20個セット=左。それと自分で買うのは初めてのネオジム磁石(240ミリテスラ)」4個セット=右)を買い、円盤内側にテープで仮セット…。あれっ、浮上しない。

 

f:id:vrenglish:20200602195242j:plain

 

2,3の配置を試したのだが、横にスライドしたりして、磁石の横同士でくっつこうとしてしまう。で、調べたところ…

 

ガガン!

俺ちゃん無知だった…。

 

てか、読者の皆さんは小中学生くらいに、以下のような定理って学んでます??(⇐マジ顔で聞いております)

 

アーンショウの定理」というのがあり:

https://www.mirai-kougaku.jp/laboratory/pages/170922_02.php

 

なんと1842年、ペリー来航より11年も前に「静電気力と重力だけでは空中に荷電体を安定的に浮揚させておくことはできない」と証明されているんだそうな。
そして、これは静態的な磁力の場合にも当てはまるんだそうな。

 

以下も必見!
工作オジサンには常識なんですかね。知らずに生きてきてしまった我が身を恥じる次第。

https://lglink.blog.fc2.com/blog-entry-1997.html

 

最後に出てくる自作の磁石ゴマが希望の星かな。

 

おもちゃ程度でよいので、ふわふわ、クルクル、といったUFOオブジェを作れないものだろうか。

 

凹型の、そうね、お椀か何かに絶妙な配置をして、そのうえで焼きそば皿を少し傾けつつ回転させると、うまくいくかしら。

 

※しかし、きっちりと水平を保つのがものすごく精妙かつ調整時間がかかるものらしい。下にリンクした磁石ゴマの動画をご覧いただければ。

 

 

 

 

 

我が探求はこんな方面にも続く!!

この後もしばらく奮闘予定なので、乞うご期待♪